家族で見守る新しい命

母乳育児について

  • HOME »
  • 母乳育児について

ほとんどのお母さんは赤ちゃんをおっぱいで育てることができ、
それにはちょっとしたコツがあります。
おっぱいは出るものではなく、出すものなのです。
母乳で育てるための10ヶ条 (WHOユニセフの提言)

妊娠中の手入れ

① 妊娠中は乳腺が発育するため、 胸をしめつけるような下着や衣類を身に着けてはいけません。 バストが大きい人は、胸をしめつけないよう、 乳房を支えるようにワイヤー入りのブラジャー等は使用せずに乳帯を使用します。 四つ足の動物は、おっぱいが自然に揺れることにより、自然に刺激されているのです。 人類も大昔はそうでしたね。妊娠中はできるだけ自然に近い格好を心がけましょう。

②乳輪部は、乳頭の保湿効果を高めるためにバーユやオリーブ油でスキンケアを行います。 入浴後などに適宜、ソフトにやさしく行いましょう。

③乳頭が陥没・扁平である場合は、診察を受けて早めに乳頭ケアの指導を受けましょう。 たとえ完全に正常乳頭に矯正できなくても、方法次第では母乳育児は可能です。 あきらめず、助産師による適切な指導を根気よく受けましょう
妊娠10ヶ月に入ったら…

乳輪開通の手ほどきとして、乳輪部を親指・人差し指・中指で把持し、 軽く引き出すようにやさしく 右・左に2~3回ずつマッサージします。
この際乳頭に付着しているカスのようなものは、バーユやオリーブ油等をふくませて やさしく取り除きましょう。(入浴時に実施)

出産後の授乳

出産後、お母さん・赤ちゃん共に元気であればその直後から始めます。
分娩後30分位で何よりも先ずお母さんのおっぱいを吸わせます。
(たとえ上手でなくても口に含むだけでも構いません)

その後はずっとお母さんのそばで一緒に寝起きし、飲みたい時は いつでも飲ませてあげます。 最初は少ししか分泌していないおっぱいでも吸わせるたびに、徐々に分泌量が増えてきます。
母乳不足だからと言ってミルクを足すのは、逆効果です。
母乳が足りないからこそ、頻回におっぱいを吸ってもらって母乳の分泌を促進させるのです。 ただし、母乳分泌には個人差があります。

入院中は毎日のマッサージ等で、母乳以外のものを補う必要があるか否かを見極め、 お母さんと赤ちゃんに負担をかけない様に一番良い方法を 考えます。 (糖水、ミルクなど母乳以外のものを補足することはまれにありますが、 あくまでも母乳育児を確立するための一時的なエッセンスと考えています)

母体や赤ちゃんの身体的な問題がない限り、特に生まれて1ヶ月位の間は、
授乳時間や授乳間隔、毎回の母乳の分泌量を気にせず、 どんどん おっぱいを吸ってもらいましょう。
母乳のための食事

穀物(主として米食)と野菜を中心とし、動物性の脂肪・タンパク質は控えましょう。 特に油っこいもの、菓子類、果物の摂り過ぎは、 過度の乳房緊満をきたし乳腺をつまらせる原因にもなりかねません。

たくさん食べたり飲んだりすることは、かえって逆効果です。
食事は三度、バランス良く、腹八分目が良いでしょう。

食事によって無理に乳房をはらせる必要はありません。
おっぱいは、張っていなくても赤ちゃんが吸ってくれれば、 母乳が自然にわいてくる仕組みになっています。
退院前後の頃には、おっぱいの張りや痛みが徐々にとれ、 いつも軽く、やわらかなおっぱいになってることでしょう。

お気軽にお問合せください。 TEL 072-820-1122

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright © 橋本助産院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.